トランスフォーマースタジオシリーズ SS-122 オプティマスプライム レビュー

TFムービー系
スポンサーリンク

さて今回は3月発売スタジオシリーズから、いよいよビースト覚醒オプティマスプライムの登場です。海外ではストア限定での発売だったため、国内導入されるのか少し不安でしたが無事リリースされました。早速見ていきましょう。

TRANSFORMERS STUDIO SERIES
TAKARATOMY / HASBRO
OPTIMUS PRIME
2024

【パッケージ】言わずと知れたオートボット司令官。ビースト覚醒ではまだ地球に来て間もなく、人類との絆も心許ない姿で描かれました。野蛮な戦闘スタイルはそのままでしたがw
なおこちらの商品、海外ではターゲット限定バズワージーバンブルビーのカテゴリで発売。米国のストア限定品は国内に導入されるかどうかは不確定なのでかなり心配されましたが、無事通常ラインでリリースしてくれました。

【ロボットモード】「バンブルビー」から引き続きG1寄りスタイルのオプティマス。全体的に筋肉質で引き締まったマッシブ体型でバランスも良いと思います。

【アップ】顔もG1の解像度を上げた感じのデザインで、再現度もなかなかです。

【可動】ひと通り動くんですが、デコボコの少ない人間体型のわりには制限が多いかなという印象。特に肩の構造的に腕を横に広げるのが苦手で、この写真のように怒り肩にしてやらないと広げることができません。

ちなみに上半身はこのように大きく前に曲がることが可能。これがあるとポーズがキマりやすくなるんですよね。

【付属品】まずはブラスター。手首をひっくり返しジョイントを出して接続します。

劇中でも何度か使っていた印象的な武器です。

別売りのエフェクトに対応。

もうひとつは接近戦用武器としてブレード。手の付け根のところに接続します。

一刀両断!!

両手武器で大暴れ準備完了な司令官。

武器はどちらの腕にも付けられます。

ブレードは腕から生やす他に、手に持たせることも可能。

また武器はそれぞれ背中にマウントしておくことができます。

【ビークルモード】フライトライナーFLTっぽいキャブに変形。ノンライセンスです。前方は毎度のことながら良い出来なのですが、後方の脚部パーツがなんだかとっ散らかってます。なんか変形させなきゃ良さそうなのにわざわざ動かして変になっちゃってる感じ。

普通のキャブにゴツいバンパーが付いてオフロード使用(?)になっています。質感はのっぺりしていてリアル度は低め。

2つの武器はそれぞれビークル後方に付けておくことが可能。

【変形】大まかにはいつもの素直なオプティマスの変形。長いファンの方なら説明書無しでもいきなり変形できると思います。タイトなところやポロリも無く、楽しめな変形ではないでしょうか。

SS30オプティマスと比較。僕はてっきりこのオプティマスのリデコだと思ってたんですが、買ってみたら全然違うんですね(一部パーツは使っているみたいです)。顔の大きさなど全体の体型バランスも別物です。

ビークルでも。はっきり言って質感や見た目の完成度はSS30の方が圧倒的に上回っています。どうやら今回のオプティマスは、コストがかなり低く抑えられているようですね。もしかしてバズワージー枠のせいでしょうか。

メインラインの覚醒ボイジャー版と。これはさすがにSSの方が上。ただしボイジャー版もかなり再現度が高かったのがわかります。

左ら覚醒ボイジャー、今回のSS122、SS30。SS122は上部のフタがグレーなのが気になっちゃいます。

SS30の武器を拝借。

突撃ー!!

ガキィィィィィィン!!

メタルのクズがぁッ!!

燃えろ燃えろー!!

私の前に2度と現れるな!!

ビーと2ショット。

プライム&プライマル!!

「おやおや…腕一本だけじゃ足りなかったようだな…」

やべーぞ!死んだフリしろ!

4コマ劇場「理想と現実」

THE END

最後はダブルオプティマスアターック!

SSオプティマスプライム(ROTB)でした。コストの低さがところどころ目についてしまうアイテムなのですが、何はともあれオプティマスプライムです。標準以上の出来ではありますので、安心してお買い求めください。というわけで皆様からのご感想やレビューもお待ちしておりまーす。

【国内ショップで探す(スポンサーリンク)】

みんなのアメトイレビュー